ブログ管理人の経歴

【転職歴5社目】私のキャリア、転職回数、年収などについて

 

さて、監査法人トーマツへの転職で私の転職歴は30歳にしてなんと5社目となりました。ちなみにアリコには1年2カ月在籍いたしました。

 

監査法人の給与水準

 

前回の続きですが、今回の転職で私の年収は下がってしまいました。監査法人では転職の際に年齢や前職での給与は考慮されず、転職時の年収は監査法人や会計事務所での経験の有無によって変わってきます。監査法人に入所してくる人たちは会計士試験に合格をして入ってくるので、当然ながら年齢もばらばらです。大学在学中に合格している人、30歳になってようやく合格した人など様々です。よって、会計士試験に合格して入所してきた時が1年生なので、年齢に関係なく1年目の人は、1年目の給料でやっていくことになります。監査法人は給与テーブルが非常に明確で、法人の給与規定にタイトル別の給与テーブルが載っていました。ちなみに、タイトルは、ジュニアスタッフ、スタッフ、シニアスタッフ、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーとなっています。昔のことなので記憶が曖昧ですが、当時は平均的なボーナス込みの給与が、確かジュニアスタッフで年420万円~、スタッフで年480万円~、シニアスタッフで年550万円~、マネージャーで年900万円~、シニアマネージャーで年1,200万円~でした。これにジュニアスタッフ、スタッフ、シニアスタッフは残業代が別途つきます。パートナーの給与に関しては、一般の職員が閲覧することができる給与規定にはテーブルが載っていなかったので、実際に見たことはないのですが、聞いた話ですと1,500万円~だったらしいです。これもかなり前の話ですので、今の給与レベルとは違うかもしれません。

 

また先程、監査法人は監査法人や会計事務所での経験がないと1年生から始めないといけないと書きましたが、例外もあります。監査法人の中にもM&Aアドバイザリーをやっている部署や、システム監査をやっている部署があります。これらの部署に転職してくる人たちの中には、以前の会社でM&Aに携わっていた人や、ITに携わった仕事をしていた人がいます。これらの人たちは監査法人や会計事務所での経験ではなく、M&AやITの分野での高度な知識や経験があれば、それ相応の待遇で迎えられます。

 

監査法人での仕事内容

 

話を私に戻します。私はどのタイトルで入所したかというとジュニアスタッフです。そうです。スタッフではなく、ジュニアスタッフです。このジュニアスタッフというのが何かというと、US.CPA(米国公認会計士)や会計士試験勉強中の人たちが転職してきた場合にスタートするタイトルです。読んで字のごとくスタッフよりも1ランク下のポジションです。

 

当時はJ-SOXの導入などにより監査法人がUS.CPAも積極的に採用していた時期といわれていました。私はというとUS.CPA勉強中でありましたが、合格はしておりませんでした。なぜ、まだUS.CPAに合格しておらず、合格に向けて勉強中だった私が内定を頂けたかというと、これも運というかタイミングの要素が多分にあったと思います。具体的には募集をしていたチームがフォレンジックというチームでした。フォレンジックという言葉にあまり馴染みがないと思いますが、これは不正調査をおこなうチームです。そして、当時はトーマツにおいて、ちょうどフォレンジックが立ち上がった時期でしたので、案件としては海外からのリファーラルが多く、チームにはオーストラリアのデロイトからやってきたパートナーの方もいました。チームも小さく、入所当初は私を含めて4人のチームでした。そうすると業務を行う上で、必然的に外国人パートナーとコミュニケーションが取れるスタッフが必要になってきます。

 

日本人でも英語の読み書きができる人は多くいますし、日常会話程度でしたら話せる人も多くいると思います。ただ、ビジネスレベルの英語を理解できる人となると、ハードルが一段階上がるのだと思います。今は安い料金でオンラインで英会話が学べたり、さらには学校教育も変化してきているので、あと10年もすればビジネスレベルの英語ができる人材は、今よりも確実に多くマーケットに存在してくることでしょう。

 

そういうわけでジュニアスタッフとしてトーマツで仕事を始めたのですが、色々と学ぶことが多かったです。やはり会計士の方々がまわりにいて、その方々と日々仕事ができるというのは経験としてとてもプラスになりました。フォレンジックという仕事は監査とは性質が違うのですが、それでも経理や会計に関してはアリコにいた時とは比較にならないほど勉強することができました。

 

監査法人から次へのステップ / 監査法人からの転職

 

トーマツではまわりの同僚や上司の方々にも恵まれて、私としては居心地は悪くはなかったです。居心地も悪くなかったのに、なぜ再び転職をしたのかといいますと、金銭的な部分が理由です。先程も書きましたが、私はジュニアスタッフから始めているので、スタッフよりさらに下の給与から始めました。会計の知識や経験が無かったのでジュニアスタッフから始めるのは当然なのですが、一方で前職より給料が下がってしまったという現実は、生活をしていく上ではなかなか切実なものがありました。

 

また、私の悪い癖でまわりと自分を比較してしまうことが多々あります。この時も30歳過ぎでジュニアスタッフ(後にスタッフに昇格していますが)の給与であった自分と、大学時代の友人の給料を比較して、何となく惨めな気持ちになったのを覚えています。

 

それに、私自身もともと監査法人にはずっといるつもりはありませんでした。理由としては日本の会計士を持っていないので、法人内でのキャリアの選択肢も限られてきますし、それに私は30歳で入所しているので、新卒で入所した人たちと比べると7年の遅れがあります。日本の会計士を持っていないということと、7年間の遅れを取り戻すのは難しいだろうなと思っていたので、いつかは監査法人の経験を活かして、どこかの段階で次へのステップを踏む必要があるのだろうなとは思っていました。

 

そうはいっても仕事に対しての不満はなかったですし、ここにいれば学べることも多いというのは理解していたので、当分の間は転職活動をする予定は全くありませんでした。それなのに何がきっかけで転職活動を開始したかといいますと、私の知人でアセットマネジメント会社に勤務しているものがいたのですが、彼と会ったときに、「今は金融業界は景気が良いので積極的に採用してますよ。受けてみたらいいじゃないですか」と言われたのがきっかけでした。FactSetでの仕事を経験して以来、金融機関には興味がありましたし、憧れもありましたが、当時の私は30歳を過ぎていましたし未経験で金融機関に転職するのは難しいだろうなと思っていました。

 

どうせ無理だろうと思いつつも年齢が上がればさらに金融機関への転職は難しくなるので、とりあえず転職エージェントに登録だけしてみました。そして後日エージェントと面談をし、こちらの希望を伝えました。ちなみに今までの転職活動は全てリクナビなどのウェブ経由で行っていました。特にウェブ経由に拘っていたわけではなく、単にエージェントに登録をして案件を紹介してもらっても書類選考で不合格になることがほとんどでしたので、結果的にウェブ経由での転職となっていたのです。今回はウェブ経由での活動は行わず、エージェント経由でのみ行おうと決めていました。

 

監査法人での経験と転職活動

 

年齢も30歳を過ぎており、さらにはトーマツで既に5社目であったので、未経験であるf金融業界の案件なんて紹介してもらえないだろうなと思っていたのですが、実際に転職活動を開始してみると、今までとは書類選考の合格率が明らかに違います。考えられる理由としては、監査法人での経験を積んだことが、私の想定以上に転職市場では有利に働いたのかなと思います。この時ばかりは、監査法人での経験というのが、世間一般では非常に評価されるのだなということを実感しました。

 

また、US.CPA(米国公認会計士)に2科目合格していたのも良い方向に働いていたのかもしれません。FactSetを辞めるくらいの時期から始めたUS.CPAの勉強ですが、何度か中断をしています。新しい会社へ転職した直後は、まず仕事に慣れないといけないですし、心の余裕も無いので勉強の時間を確保する事ができませんでした。アリコへの転職直後とトーマツへの転職直後で、それぞれUS.CPAの勉強を中断しています。ただ、トーマツ入所後は一刻も早く試験に合格しないといけなかったので、入所後、環境に慣れてきたらすぐに勉強を再開しました。

 

転職活動に話を戻します。監査法人で経験したといっても2年程度でしたし、まだ学べる事は多くあると実感していたので、このまま転職をしていいのかなという迷いはかなりありました。

 

しかし一方で転職活動は順調に進んでいき、最終的にはリーマンブラザーズから内定を貰うことができました。他にも1社で最終面接まで進み、もう1社も最終面接の調整待ちというところまでいっていたのですが、一番行きたかったリーマンブラザーズから最初に内定を貰うことができました。

 

リーマンブラザーズから内定を貰った時は自分でも信じられない気持ちでした。提示された給料もトーマツの給料よりもかなり上でしたし、待遇面に関しては満足でした。オフィスも六本木ヒルズでしたし(笑)。

 

待遇面に関しては今までで一番でしたが、一方で転職するかどうかは一番迷いました。なぜ迷ったのか。いくつか理由はあるのですが、先程も書いた通りトーマツでは学べる事が非常に多かったので、まだまだ成長できる余地があったというのが最も大きな理由です。また、2年程働いていたので人間関係も構築されてきていたのと、まわりの人たちも良い人が多かったので働きやすい環境だったというのもあります。一方で、ネガティブな理由ではあるのですが、自分が外資金融で生き残れるのかという不安も内定を受けるか迷った理由でもあります。

 

結局は転職をすることにしたのですが、私の転職人生の中で一番大きかった転職はどれかと問われたら、最初に日商岩井スチールトレードを辞めた時と、トーマツを辞めた時がその後の人生に一番影響を与えた転職だったのではないかと思います。

スポンサーリンク

 danshu

リーマンブラザーズ証券、野村證券、モルガンスタンレー証券など10回以上の転職を経験。実体験に基づいたリアルな情報を発信していきます。

-ブログ管理人の経歴

© 2021 転職ハウス