転職エージェント

外資系転職エージェントと日系転職エージェントはどっちが良いの?

 

今回は転職エージェントについて書いていこうと思います。

 

転職エージェントは大きく分けて外資系エージェントと日系エージェントがあります。この記事では外資系転職エージェントと日系転職エージェントの違いを書いていきたいと思います。

 

外資系転職エージェントの特徴

 

業界や職種、転職希望者の英語力にもよるかとは思いますが、金融業界に関していえば外資系転職エージェントには担当者が外国人のケースが多く、エージェントとの打ち合わせも英語で行われることが多いです。私が想像するに、クライアント企業側も外国人従業員が多かったり、英語でのコミュニケーションを必要とするようなポジションである場合、エージェントが転職希望者との会話から、その転職希望者の英語力を測っているのだと思います。ですので、たかがエージェントとの打ち合わせだとは考えず、ここでもスクリーニングにかけられていると思った方がよいです。

 

外資系エージェントは案件も外資系企業の案件が多く、紹介してくれる企業の規模も大小さまざまです。年収は高めの案件が多いです。日系のエージェントと比べると、外資系エージェントは少人数でやっているので、あまり紹介料を取れない企業とはビジネスをしていないのだと思います。年収をアップさせたいのなら外資系のエージェントを活用するのは手だと思います。

 

また、外資系のエージェントでは、一人の担当者が企業側も登録者側も担当している場合が多いと思います。日系のエージェントですと、企業の担当者と登録者の担当者が分かれているケースが多く、企業の担当者は顧客企業がどのような人材を欲しているのかなど企業側との窓口となります。一方で、登録者の担当者は登録者側の窓口となります。日系のエージェントですと、採用されるまでは一人の担当者がついてくれることが通常だと思いますが、一方で外資系のエージェントの場合、応募する企業によっては別の担当者が連絡をしてくる場合があります。

 

面接後のフォローに関しては、外国人のエージェント場合、書類や面接で落ちている時は連絡をしてこない事が多いです。これは個々の担当者にもよりますが、私の経験上、落ちているケースでは連絡をしてこない担当者が非常に多かったです。こちらから連絡をしてようやく結果を教えてくれるといった感じです。これは文化の違いもあるのでしょうけれど、最初は結果についてきちんと連絡をくれないことに非常に違和感を覚えました。しかし慣れてくるとこういうものかという感じになります。彼らとしては落ちてしまった候補者に連絡をしたところでお金には結びつかないので、その時間があったら他の候補者と企業をマッチングさせることに労力を使いたいのでしょう。

 

色々と書いてきましたが、外資系転職エージェントの特徴として一番に挙げたいのは、高年収なグローバル企業の案件が多いということです。

 

日系転職エージェントの特徴

 

日系のエージェントも大小あるので、どのエージェントに登録をするかにもよりますが、大手エージェントに登録をすれば紹介してくる案件は幅広いです。ここからは大手エージェントを前提に話をします。

 

業界や職種、希望している年収のレンジにもよりますが、20代後半から30代で年収500万円から1,000万円のレンジであれば紹介してくれる案件数は外資系エージェントよりも多いと思います。ただ、当然ながら転職希望者の経歴によっても紹介してくれる案件数は違ってくると思います。

 

サポート面でいうと日系エージェントの方が丁寧に行ってくれる印象があります。履歴書や職務経歴書の書き方から、面接において押さえておいた方が良いポイントを教えてくれます。また、応募した企業の結果に関しては、書類や面接で落ちていてもきちんと連絡をくれます。日本人としてはこれが普通の感覚ですが、外資系エージェントと比較するとこの部分は大きく違います。

 

外資系エージェントと日系転職エージェント、どちらがよいの?

 

全ての事に言えますが、結局は自分が何を求めているのかによると思います。

 

あまり転職経験の無い人は、まずは大手日系エージェントに登録してみましょう。履歴書や職務経歴書の書き方も教えてもらえるので良いのではないでしょうか。案件の年収に関しても年収が低い案件から高い案件まで案件数が豊富なので、自分の市場価値を知った上で、それに沿った案件に応募することが可能かと思います。

 

既に転職経験がある人や、転職は初めてだけれど外資系企業で働きたい人は、外資系転職エージェントに登録をしてみるのも良いと思います。やはり高年収の案件が多いですし、日系の転職エージェントでは持っていない案件を持っていることもあります。

 

どのエージェントに登録をするにしろ、ほとんどのエージェントは登録料が無料ですので、自分が気になったエージェントは片っ端から登録をしてみれば良いと思います。

スポンサーリンク

 danshu

リーマンブラザーズ証券、野村證券、モルガンスタンレー証券など10回以上の転職を経験。実体験に基づいたリアルな情報を発信していきます。

-転職エージェント

© 2021 転職ハウス