語学・資格

英語は転職をする際にプラスになる

 

今回は英語をできるようにしておくと転職の助けになるという話を書いてみます。

 

英語ができると転職の選択肢が広がる

 

これは当然といえば当然なのですが、英語ができると転職の選択肢が広がります。

 

外資系企業の求人の中には英語が必須となっている求人も多くあります。日本企業の求人でも海外とのやり取りが多い部署では英語は必須でしょう。

 

これはエージェントから聞いた話ですが、経理・会計の分野では英語を必須としている求人は年収が高くなる傾向にあるそうです。私自身もビジネスレベルの読み書きが要求されるレベルから、ビジネスレベルの会話を要求されるポジションまで幅広いポジションを経験しました。経験上でも、より高度な英語力を要求してくるポジションの方が年収は高い傾向にありました。

 

特に外資系企業の経理や人事など管理部門でのキャリアを目指している人にとっては英語は必須です。外資系の管理部門は本社とのやり取りが発生するので、少なくとも英語の読み書きはできないとコミュニケーションが取れません。ポジションによっては本社との電話会議があるので、ビジネスレベルの会話能力も要求されます。ただ本社との電話会議はある一定以上のポジションで要求されることが多いので、まずは読み書きができるレベルにするのが重要だと思います。

 

また日系企業でも海外に拠点を持っているような企業では、社内考査のようなものがあり、それをクリアしないと海外駐在の希望が通らない企業もあります。

 

ビジネス英語の勉強方法

 

英語ができる方がキャリアの幅が広がるのは分かったけれど、どのように勉強をすればよいのかと悩んでいる人もいるでしょう。

 

英語ができると言ってもレベルがあります。ビジネスの読み書きができるレベルなのか、読み書きに加えて英語を聞き取ることや話すこともできるレベルなのか。英語の読み書きに関しては、やる気があれば伸ばしやすい分野だと思います。英語の読み書きを伸ばすためには、まずは自分の現在地を知ることが重要です。一番手っ取り早いのはTOEICなどの英語のテストを受けることでしょう。テストを受けるためにテキストを読み込んだり過去問を解いたりすれば、自ずと実力が分かりますし、実際にテストを受ければ点数に表れます。

 

私は英語の勉強をやる上で一番基礎となって、一番重要なのが文法の勉強だと思っています。文法が分からなければ英語を読めませんし、英語を書けませんし、英語を話すこともできません。文法に関しては何冊ものテキストに手を出すよりは、基礎から応用までカバーしている厚めのテキスト一冊を何回も繰り返しやるのが良いと思います。

 

文法の勉強と並行して行うのがお勧めなのは英語を読む練習です。英語のリーディングに関しては、最初からテキストを買う必要は無いと思っています。大学受験をするわけではないので、興味の無い文章を読んでも続きません。それよりも、スポーツでも映画でも音楽でも自分の興味のある分野の英語のサイトを読むことを習慣化させるのが一番良いと思います。何よりも長続きします。慣れてきたら小説を読んでも良いですし、新聞のニュースを読んでも良いでしょう。単語に関しては、スポーツ記事でも小説でもニュースでも、文章を読んでいれば同じ単語が何回か出てくるので、それで気になったら調べる程度で良いです。分からない単語をその都度調べていたら時間がかかりますし、何よりも大変過ぎて長続きしません。一番重要なのは長続きさせて習慣化させることです。

 

リスニングも慣れるしかありません。これも継続が重要なので、まずは興味のある映画やドラマを英語の字幕で観るとか、リスニング用の音声を聞きながらテキストを読むとか、自分が続けられる方法で行うのが一番です。

 

例えば半年後にTOEICの試験があるとすれば、上記の事を習慣化させておき、試験の1ヵ月から2ヵ月前になったら、試験対策の練習問題に取り組むようにしましょう。最初から試験対策のテキストだけで勉強するのが一番効率的だとは思いますが、それだとなかなか興味が湧かず習慣化するのが難しいかなと思います。

 

ビジネス英語を話せるようになる方法

 

英語の勉強をする上で、自分の考えを話して伝えるというのが一番難しいと思います。日本人は小さい頃から英語を話す機会が少ないので、なかなか英語に触れることができません。私は大学時代にアメリカ留学をしており、他の日本人留学生よりは外国人とコミュニケーションを取っていた方でしたが、それでも留学中は会話らしい会話を外国人とするのは難しかったです。もちろん単発でのやり取りはできますが、日本人の友達と話すようなレベルで会話を続けるという意味では、留学中にそのレベルに達することはできませんでした(今でも日本語と同様にというのは無理ですが)。

 

ちなみに私の英語のスピーキング力のピークは理由学時代ではなく、外資系金融機関に勤務していた時でした。留学時代よりも上達したきっかけは、外資系金融機関での労働環境にありました。私のいた部署やチームには必ず外国人がいた上に、会社の公用語も英語でしたのでミーティングも当然英語でした。そうして毎日英語を使って業務内容や自分の考えを伝えなければいけない環境におかれることにより、英語を話す力に関しては留学時代よりもアップしたと感じることができました(一方で英語の文法力や読解力は留学時代よりも落ちましたが)。

 

当然ながら全員がこのような環境にはいないと思いますが、重要なのは継続することです。職場で英語を使う機会が無ければ、自分で毎日オンライン英会話をすればよいのです。私の知り合いでも週に何日か朝にオンライン英会話をやっている人間がいます。私が学生だった頃は、英語を話すようになるためには英会話教室に通うしかありませんでした。そして英会話教室というのは非常に高額でした。しかし、今はオンラインで英会話ができるようになり、料金も昔と比べると安くなっていますので、英語を話す力を付けたいならオンライン英会話にチャレンジするのも手だと思います。経済的にオンライン英会話が厳しいという人には、英語のボランティアがお勧めです。仕事を持っている人はボランティア活動をできるのは週末だけに限られてしまいますが、何もやらないよりは全然良いでしょう。

 

結論は英語を上達させたいのなら継続すること

 

結論としては、やり方はどのようなやり方でもよいと思うので、継続をして習慣化させることが重要です。毎日、何かしら英語の勉強をしないと気持ち悪いくらいに習慣化させてしまえば結果は自ずとついてきます。

スポンサーリンク

 danshu

リーマンブラザーズ証券、野村證券、モルガンスタンレー証券など10回以上の転職を経験。実体験に基づいたリアルな情報を発信していきます。

-語学・資格

© 2021 転職ハウス